北海道のオリーブ栽培実験の冬支度:零下と積雪150㎝への挑戦

今年6月に始まったチャレンジプロジェクト「オリーブグローウイングイン北海道」。余市町と豊浦町に植栽した6本のオリーブは、葉が枯れた1本(余市で原因調査中)を除き、関東以西と比べると遅いものの新しい枝も伸び順調に成長。

例年11月には初雪を迎える余市から冬支度を始めました。余市では積雪が150㎝を越えるので、寒さと雪の重さで枝が折れることを防ぐために、地元で伝統的に行われる冬囲を参考に作業を行いました。女竹、堆肥として土に帰るムシロ、吹雪での雪の舞い込みを少なくするネット、僅かでも太陽光を地面で反射する白色のマルチを用いました。

オリーブのPGI認証:スペイン2品種認定

原産地名称保護制度は、EUが規定する食料品の原産地名認定・保護のための制度で、地理的表示保護(PGI:Protected Geographical Indication)は、定められた地域原産品を定められた製法で生産または加工、または調整されているものでなければならないとしています。スペイン南部アンダルシア州の州都セルビアはテーブルオリーブの世界最大の産地で、テーブルオリーブの品種マンザニラとゴルダルがいくつかの反対意見もある中、PGIとして認定されました。

オレア・オリーブ

品種名マンザニラディセビリア、(マンザニラ、マンザニロ、ロメリロなど同意語名称多数)はスペイン原産で大きな実のテーブルオリーブ代表品種で、ポルトガル、米国、イスラエルなどでも広く栽培されています。スペインでは実が緑の早い時期に収穫しセビラノスタイルとして知られるテーブルオリーブを作り、米国では実が熟してから収穫するカリフォルニアスタイルのテーブルオリーブを作っています。

ゴルダルセビラナ(同意語ゴルダル、セビラノ、モラー)もスペイン原産で大きな実を付けるテーブルオリーブ用品種です。マンザニラは寒さに弱い品種ですが、ゴルダルはある程度の寒さに耐える品種ですが乾燥には弱いと言われています。

イベント:恒例オリーブの日

  • 2018年12月15日 11:00-19:00
  •  新宿オアシスでオリーブオイル試飲即売会。
    オリーブナチュラル化粧品、オリーブ苗木も販売します。

 

ウインターギフト・ファミリーイベントの特別価格

お歳暮やお正月のファミリーイベント向けワインセット商品がご用意できました。11月21日から12月31日までの期間限定の特別価格です。

バルカン・クラッシクファミリー6本セット

赤:カベルネソーヴィニオン、シラーズ、ピノ・ノワール

白:シャルドネ、ソービニヨンブラン、エメラルド・リースリング

 

ダルトン・ギフトセットⅡ

赤:シラーズ

白:ピノ・グリ

ダルトン・ギフトセットⅣ

赤:カベルネソーヴィニヨン

白:シャルドネ

オンライショップでは、お歳暮・ギフト特価販売中です。さらに8%割引の会員価格、お買い物金額の5%相当のポイント、定期購入自動配送で送料無料のサービスがあります。